TOKYO MODELS

Tokyo Modelsに出展させていただきました。

このお話を伺ったとき、率直にこのメンバーで是非展示してみたいと思いました。素晴らしいメンバーの中で大勢の方にご覧いただける環境は東京でなければ得られないもので、自分として得るものが大きいと考えたからです。

今回はモデルとカメラマンが組んで作品作りを行うのですが、モデルは凛さんにお願いしました。札幌住まいなこともあってカメラアンドフレンズには出席したことがなく、私的写真集選手権にも応募したことがない僕を小林幹幸さんと繋いでくれたのが凛さんでしたので、凛さんと組んで出展することになったのは、自然な流れでした。

参加が決まってから作品提出まで時間がなかったので、展示作品をどうしようかということになり、過去の作品に加えて一部のみ撮り下ろしで臨むことにしました。個人的には写真展は撮り下ろしで臨みたいという希望はありますが、小林幹幸さんの「展示作品は展示されることで変わる」というご意見も伺ったことも理由でした。

作品については、モデルとカメラマンの掛け算とはいえ、凛さんがモデル賞を受賞した通り、モデルさんの力によるところが大きかったかなと思います。また、凛さんは展示と表彰式にも駆けつけてくれました。いらしていただいた方に見ていただくのが展示ですが、やはり被写体さんに展示を見ていただけるのは特に嬉しいものです。本当に良かったです。

さらに他の皆さんの展示作品は申し上げるまでもなく素晴らしい作品で、それをピクトリコギャラリーさんが美しいプリントで仕上げてくれて、49人にしては手狭なギャラリーを上手に展示してくれました。参加者の選定だけでなく、ギャラリーの選択も成功の要因だったのかなと思います。

 Tokyo Models 審査結果

第1回TOKYO MODELS審査結果を報告させていただきます。
グランプリ タチバナヒロユキ x 初音
BEST MODEL 初音
モデル賞 凛 一ノ瀬奈々
ゴールデンフレーム賞 高桑正義 x 川辺優紀子 近藤太 x 架空荘夏子 Tetsu x 山中夏歩
シルバーフレーム賞 石津亮 x 初音 そふ x ヨシコヴェロニカ Nobu x 凛

最後に、ご覧いただいた皆様、主催の小林さん、一色さん、参加者の皆さま、そしてモデルを引き受けてくれた凛さんには感謝してもしきれません。

ありがとうございました。

またこの素晴らしい舞台に戻ってこれるよう北海道で頑張って行こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です